コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本多熊太郎 ほんだ くまたろう

1件 の用語解説(本多熊太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本多熊太郎 ほんだ-くまたろう

1874-1948 明治-昭和時代前期の外交官。
明治7年12月8日生まれ。外務省にはいり,明治34年小村寿太郎外相の秘書官となる。スイス公使,オーストリア公使をへて大正15年ドイツ大使で退官。強硬派の外交評論家として活動,松岡洋右(ようすけ)外相に起用され昭和15年中国(汪兆銘政権)大使となった。昭和23年12月18日死去。75歳。和歌山県出身。東京法学院(現中央大)中退。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

本多熊太郎の関連キーワードイタリア映画北朝鮮戦争文学忌服イギリス映画新聞小説韓国済州島事件中東戦争島義勇

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone