コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本多鼎介 ほんだ ていすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本多鼎介 ほんだ-ていすけ

1839-1898 幕末-明治時代の武士,政治家。
天保(てんぽう)10年11月14日生まれ。越前(えちぜん)福井藩家老で府中(武生)領主の本多家の家臣。府中の藩校立教館でおしえ,のち側用人,町奉行をつとめる。明治14年最初の福井県会議員選挙で当選,議長となった。教科書「越前地誌略」を編集。明治31年1月14日死去。60歳。幼名は駒三郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

本多鼎介の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門ハワイ併合タンジマートオブレノビチ家ショパン高野長英ポー(Edgar Allan Poe)アメリカ・スペイン戦争チェーホフアメリカ音楽