コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本如 ほんにょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本如 ほんにょ

1778-1827* 江戸時代後期の僧。
安永7年10月24日生まれ。文如(もんによ)の子。寛政11年浄土真宗西本願寺19世をつぎ,翌年大僧正となる。文化3年三業惑乱(さんごうわくらん)とよばれる宗派内の大論争を幕府裁断をもとに解決。7年御影(ごえい)堂を修復,8年親鸞五百五十回忌をいとなんだ。藪内(やぶのうち)流の茶人。文政9年12月12日死去。49歳。法名光摂(こうせつ)。幼名は孟丸。別号碧山,不捨。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

本如 (ほんにょ)

生年月日:1778年10月24日
江戸時代後期の真宗の僧
1826年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

本如の関連キーワード延暦寺のおもな堂塔静岡県島田市本通横川(延暦寺)仁阿弥道八大谷光沢景川宗隆暉宣上人広如上人吉村孝敬法華神道吉村蘭陵生年月日延暦寺森狙仙横川円仁湛睿雲幢

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android