コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本如 ほんにょ

1件 の用語解説(本如の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本如 ほんにょ

1778-1827* 江戸時代後期の僧。
安永7年10月24日生まれ。文如(もんによ)の子。寛政11年浄土真宗西本願寺19世をつぎ,翌年大僧正となる。文化3年三業惑乱(さんごうわくらん)とよばれる宗派内の大論争を幕府の裁断をもとに解決。7年御影(ごえい)堂を修復,8年親鸞五百五十回忌をいとなんだ。藪内(やぶのうち)流の茶人。文政9年12月12日死去。49歳。法名は光摂(こうせつ)。幼名は孟丸。別号に碧山,不捨。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

本如の関連キーワード孤灯歌川国長梶原景煕片倉寿繁順阿館天籟林伯英平田三之助三上曇蔵百多楼団子