コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本荘了寛 ほんじょう りょうかん

1件 の用語解説(本荘了寛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本荘了寛 ほんじょう-りょうかん

1847-1920 明治-大正時代の僧。
弘化(こうか)4年生まれ。佐渡(新潟県)相川の真宗大谷派光楽寺住職の長男。明治元年得勝寺住職をつぐ。8年東京で島地黙雷にまなび,帰郷後は小学校の教師となる。20年佐渡における初の月刊誌「北溟(ほくめい)雑誌」を発行。社会事業にもつくした。大正9年3月7日死去。74歳。本姓は笠野。号は思水。著作に「佐渡水難実記」,日記に「竹窓日記」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

本荘了寛の関連キーワードフルハイビジョンフルHDアメリカ演劇現代音楽笹川繁蔵ローゼン鉱化剤女流文学変成相映画理論

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone