コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島地黙雷 しまじ もくらい

美術人名辞典の解説

島地黙雷

浄土真宗の僧。周防生。大洲鉄然と萩に改正局を開いて真宗僧徒を教育。また西本願寺の依頼でヨーロッパ視察を行なう。政教分離信教の自由を主張し、神道に従属させられていた仏教の新生のために努力した。西本願寺執行。女子文芸学舎(千代田学園)を創立。明治44年(1911)寂、79才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

島地黙雷【しまじもくらい】

浄土真宗本願寺派の僧。周防(すおう)出身。明治維新に際し,教部省の設置,神仏分離に努力。1871年,欧米およびインドをめぐりパリから〈三条教則批判〉などの建白書祭政一致の政策を批判するなど宗教界の刷新大教院廃止に努力。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島地黙雷 しまじ-もくらい

1838-1911 幕末-明治時代の僧。
天保(てんぽう)9年2月15日生まれ。浄土真宗。周防(すおう)(山口県)島地村の本願寺派妙誓寺の住職となり,島地姓を名のる。大洲鉄然(おおず-てつねん)とともに宗門改革に参加。ヨーロッパ視察後,政府に信教の自由,政教分離を提言し,神道国教化をすすめる大教院を解散に追いこむ。明治27年勧学にすすみ,教育・社会事業にもつくした。明治44年2月3日死去。74歳。周防出身。姓ははじめ清水。名は謙致(けんち)。号は益渓,縮堂など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しまじもくらい【島地黙雷】

1838‐1911(天保9‐明治44)
真宗西本願寺派の政僧。周防国(山口県)和田村専照寺に生まれ,28歳で島地村妙誓寺に入寺した。1866年(慶応2)大洲鉄然(おおずてつねん)とともに萩に改正局を設け防長2州の真宗子弟の教育に当たり,68年(明治1)赤松連城らと西本願寺改革を建議,奏功した。72年本願寺連枝梅上沢融らとヨーロッパを視察し翌73年帰朝したが,留守中に政府が国民指導原則として推進していた〈三条教則〉の批判を建白し,神道的な教導職養成機関大教院からの仏教各宗離脱運動を進めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しまじもくらい【島地黙雷】

1838~1911) 浄土真宗本願寺派の僧。山口県の人。神仏分離、大教院制の廃止を主張し、仏教各宗の近代的独立のために尽力した。また、日本赤十字社の創設にも貢献。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

島地黙雷
しまじもくらい

[生]天保9(1838).周防
[没]1911.2.3. 東京
江戸時代末期から明治を通じての仏教界の重鎮。浄土真宗本願寺派の僧。初め謙致,益渓,縮堂,北峰,六々道人と号した。幼時より仏教と儒学を学び,元治1 (1864) 年,萩藩の火葬禁止に反対した。幕末,維新期の廃仏毀釈の動きに対しては赤松連城らとこれに対抗。大教院制度に対しては,明治5 (72) 年『三条教則批判建白書』 (大教院分離建白書) を政府に提出して,その神道国教化政策を批判し,信教の自由と政教分離を説いた。一方,真宗教団の改革,組織化に力を尽し,女子教育にも意を用いた。著書『維摩経講義』『念仏往生義』など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

島地黙雷
しまじもくらい
(1838―1911)

幕末、明治期の浄土真宗本願寺派の僧。幼名謙致(けんち)。益渓(えきけい)、縮堂(しゅくどう)、雨田(うでん)、北峯(ほくほう)、六六道人(ろくろくどうじん)と号した。周防(すおう)国佐波(さば)郡和田村(山口県周南(しゅうなん)市)専照寺、清水円随(えんずい)(本願寺派勧学)の四男に生まれ、のち同派の島地村(現山口市徳地(とくぢ)島地)妙誓寺に入寺して島地姓となる。幼くして萩城学校に学び、肥後(熊本県)光照寺の原口針水(しんすい)に師事して真宗学、仏教学を学んだ。1866年(慶応2)春、大洲鉄然(おおずてつねん)と謀り、萩(はぎ)に学校を設けて長門(ながと)・周防の真宗寺院の徒弟を教育する。1868年(明治1)上洛(じょうらく)して本派本願寺の改革を建議し、71年東京・神田今川小路に日新堂を開き『新聞雑誌』を刊行。1872年1月梅上沢融(うめがみたくゆう)に従って渡欧し、海外の宗教事情を視察し、7月に帰国。1873年神仏合同大教院分離運動に着手し、大教院を崩壊に導く。本派本願寺の執行長(しぎょうちょう)を務める一方、1888年女子文芸学舎(千代田女学園の前身)を開設。また、日本赤十字社の設立に参与した。著書に『三国仏教略史』全3巻、『仏教各宗綱要』がある。[池田英俊]
『千代田女学園編・刊『島地黙雷上人』(1960) ▽『島地黙雷全集』全5巻(1973~78・本願寺出版協会) ▽川村覚昭著『島地黙雷の教育思想研究――明治維新と異文化理解』(2004・法蔵館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

島地黙雷の関連キーワード島地 大等菅原 時保石川 舜台本荘 了寛藤井 宣正平松 理英三島通庸三上曇蔵明治時代菅原曇華藤井宣正島地威雄島地大等大谷光尊本荘了寛織田得能新聞雑誌政教社創設

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

島地黙雷の関連情報