コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子安峻 こやすたかし

4件 の用語解説(子安峻の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

子安峻
こやすたかし

[生]天保7(1836).1.2. 大垣
[没]1898.1.15. 東京
明治期の新聞・出版経営者。大村益次郎に蘭学を,佐久間象山に砲術を学んだ。明治維新後は新政府に仕え,神奈川裁判所に通訳翻訳方として勤めるかたわら,明治3 (1870) 年の『横浜毎日新聞』の創刊にも一役買った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

子安峻 こやす-たかし

1836-1898 明治時代の新聞経営者。
天保(てんぽう)7年1月2日生まれ。佐久間象山(しょうざん)らに蘭学をまなび,維新後,外務省翻訳官となる。明治3年本野盛亨(もとの-もりみち)らと印刷所を設立し,「英和字彙」を出版。7年この設備をもとに「読売新聞」を創刊し,初代社長となった。のち日銀初代監事。明治31年1月15日死去。63歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。号は悟風。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

子安峻

没年:明治31.1.15(1898)
生年:天保7.1.2(1836.2.18)
明治時代の新聞経営者,実業家。幼名は鉄五郎。大垣藩(岐阜県)藩士子安宗茂,まきの長男。佐久間象山,大村益次郎らに英語,蘭学を学ぶ。幕府や明治政府で通訳などを勤め,明治3(1870)年,本野盛亨,柴田昌吉らと横浜弁天町に活版印刷所・日就社を設立。6年柴田と共著の『附音・挿図 英和字彙』を発行。7年11月日就社より『読売新聞』を創刊。また13年に貿易会社扶桑商会を設立するなど実業界でも活躍。22年『読売新聞』から離れ,26年に『いさみ新聞』を創刊した。<参考文献>『読売新聞百年史』,西田長寿『日本ジャーナリズム史研究』,竹内繁『読売新聞の創始者子安峻』

(井川充雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こやすたかし【子安峻】

1836‐98(天保7‐明治31)
明治期の新聞・出版経営者。《読売新聞》の初代社長。岐阜大垣藩士として生まれる。幕府に仕えたのち,維新とともに新政府に出仕。1870年(明治3)本野盛亨,柴田昌吉とともに印刷会社日就社を設立し,ここから73年《英和字彙》を編纂発行。その資材をもとに74年11月《読売新聞》を創刊し,89年まで社長をつとめた。庶民むけの平易な内容の新聞編集に心がけたため,《読売新聞》は明治10年ころには東京で最大の部数に成長した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

子安峻の関連キーワード赤羽万次郎影山禎太郎小出東嶂小西義敬富村雄内藤伝右衛門広瀬永太郎松永鉄五郎(8代)吉本次郎兵衛渡辺治

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone