本間松江(読み)ほんま しょうこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本間松江 ほんま-しょうこう

1623-1697 江戸時代前期の俳人。
元和(げんな)9年生まれ。美濃(みの)(岐阜県)大垣藩士。島原の乱で負傷して武士をやめ,江戸で医を業とする。松尾芭蕉(ばしょう)とまじわり,芭蕉に医術をおしえたという。晩年は常陸(ひたち)(茨城県)潮来(いたこ)に隠栖(いんせい)した。元禄(げんろく)10年7月5日死去。75歳。名は資道。通称は弥三郎。別号に道悦,自準。
【格言など】石竈(いしくど)に桜散りしく夕かな(「続虚栗(みなしぐり)」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android