コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本間松江 ほんま しょうこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本間松江 ほんま-しょうこう

1623-1697 江戸時代前期の俳人。
元和(げんな)9年生まれ。美濃(みの)(岐阜県)大垣藩士。島原の乱で負傷して武士をやめ,江戸で医を業とする。松尾芭蕉(ばしょう)とまじわり,芭蕉に医術をおしえたという。晩年は常陸(ひたち)(茨城県)潮来(いたこ)に隠栖(いんせい)した。元禄(げんろく)10年7月5日死去。75歳。名は資道。通称は弥三郎。別号に道悦,自準。
【格言など】石竈(いしくど)に桜散りしく夕かな(「続虚栗(みなしぐり)」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

本間松江の関連キーワード松江

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android