コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本間松江 ほんま しょうこう

1件 の用語解説(本間松江の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本間松江 ほんま-しょうこう

1623-1697 江戸時代前期の俳人。
元和(げんな)9年生まれ。美濃(みの)(岐阜県)大垣藩士。島原の乱で負傷して武士をやめ,江戸で医を業とする。松尾芭蕉(ばしょう)とまじわり,芭蕉に医術をおしえたという。晩年は常陸(ひたち)(茨城県)潮来(いたこ)に隠栖(いんせい)した。元禄(げんろく)10年7月5日死去。75歳。名は資道。通称は弥三郎。別号に道悦,自準。
【格言など】石竈(いしくど)に桜散りしく夕かな(「続虚栗(みなしぐり)」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

本間松江の関連キーワード南元順一和青木神叔石田意深伊豆則常久津見吟市斎藤賀子乗阿如風探志

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone