朱夏(読み)シュカ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (五行思想で、中国において、赤色を夏に配するところから) 夏の異称。室町末期には「首夏」と混同して四月の意で用いられることが多かった。《季・夏》
※殿上詩合(1056)泉石夏中寒〈藤原憲房〉「禁庭泉石隔塵埃、朱夏帯寒足趁来
※黒本本節用集(室町)「朱夏 シュか 四月名也 又作首夏」 〔傅咸‐舜華賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

朱夏の関連情報