コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

印肉 インニク

デジタル大辞泉の解説

いん‐にく【印肉】

印章を押すときに用いる、顔料を染み込ませたもの。もぐさパンヤ・黒・青などの色を染み込ませ、ひまし油でのばしたもの。現在は、朱肉と同じ意味でいう場合が多い。にく。印泥

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いんにく【印肉】

印章を押すのに使う色料。中国では印色または印泥という。その起源は明らかでないが,漢時代ころには文書の封じ目に,ちょうどヨーロッパの封蠟のように一種の粘土を使い,その泥に印を押した。これを封泥という。そのため後に朱印を使うようになってからでも,朱のことを印泥と呼ぶのである。隋・唐時代からは朱印で押した実物が現存しているが,ことに正倉院文書には8世紀の実物が多く残っている。このころの肉は〈水印〉といって油けのない水性の朱砂(辰砂しんしや))を使っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

いんにく【印肉】

判子を押すときに使う顔料をしみ込ませたもの。艾もぐさ・パンヤなどに、ひまし油・松脂まつやに・白蠟を混ぜて着色し、これを判子に付着させて押し写す。印泥。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

印肉
いんにく

印章や印鑑などに付着させて押し写すための色料。朱色が多いことから朱肉ともいう。落款(らっかん)用、公用などの高級朱肉は銀朱(硫化水銀)などを原料としているが、事務用などの一般朱肉には金属朱、代用朱などが用いられている。普通これらの原料にひまし油や繊維などを混ぜ、練り合わせてつくるが、繊維のかわりに朱油をパッドに浸透させたスポンジ朱肉もある。印肉は、中国南北朝時代に書画の落款に使われたのが最初で、日本へは仏教伝来とともに渡来し、奈良時代に官印として使われだした。一般に普及したのは明治以降、つまり署名捺印(なついん)をもって証(あかし)とする風習が定着してからのことである。現在、一般事務用朱肉として広く使われているスポンジ朱肉は、第二次世界大戦後に合成樹脂のスポンジ体が開発されてからで、簡便なため急激に普及した。[野沢松男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の印肉の言及

【印章】より

…郡印,郷印,大社寺印などがこれに該当する。印肉はすべて朱(丹)色で,黒印は古代ではわずかに蔵書印として使用されたにすぎない。黒印を古文書に使用するのは中世に入ってからである。…

※「印肉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

印肉の関連キーワード印籠・印篭スタンプガガイモカポック黒印状蔵書印肉入れ印章拇印黒肉肉池印池指印黒印判子印籠爪印

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android