コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ひまし油 ひましゆcastor oil

翻訳|castor oil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ひまし油
ひましゆ
castor oil

トウダイグサ科の一年草トウゴマ (唐胡麻) の種子 (蓖麻子〈ひまし〉) から得られる不乾性油。その含量は 35~57%にも達する。主成分はリシノール酸トリグリセリドである。帯緑黄色の粘稠な油。エチルアルコールや酢酸に可溶であるが,石油エーテルに難溶。香粧品,塗料,可塑剤,潤滑油,ロート油などの原料に用いるほかに,刺激性下剤の一つ。下剤としては,そのままの形では腸管粘膜刺激作用はないが,十二指腸で水解されてリシノール酸ソーダとグリセリンになり,前者が小腸粘膜の水分吸収を抑制するので,腸管内の大量の水分でぜん動運動が亢進する。骨盤内臓器の充血を起すため妊娠時には禁忌である。また,脂溶性の駆虫剤 (ヘノポジ油など) の吸収を亢進させるため,併用は禁忌である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ひまし油
ひましゆ
castor oil

トウダイグサ科のトウゴマ(ヒマ)の種子から圧搾法で採油される不乾性油。ヨウ素価85程度。アセチル価大。主要成分脂肪酸はリシノール酸(リシノレイン酸)で、その含有量は80~90%。ヒドロキシ基を有するモノ不飽和脂肪酸である。そのほかオレイン酸7~10%、リノール酸3~4%、飽和脂肪酸2~3%を含む。ほかの油脂に存在しないリシノール酸が主成分脂肪酸であるために、物理的、化学的性状が他の油脂のそれぞれと著しく相違し、特殊の用途を有している。
 リシノール酸に存在するヒドロキシ基の影響を受け、かなりの粘性を有する。金属に対する親和性があり、かつかなり安定であるために潤滑油として用いる。以前は自動車用ブレーキ油(ひまし油を基油とし、グリコールエーテル系溶剤を配合したもの)に使用されたが、今日ではポリエーテル合成油その他に移行した。ひまし油はエタノール(エチルアルコール)に溶解するから、アルコール性頭髪油として用いられる。またポマードにも使用される。
 透明せっけん、二塩基酸製造に用いられる。ひまし油のヒドロキシ基を硫酸エステルとし、これを水酸化ナトリウムで中和したものをロート油(硫酸化油)という。染色助剤、乳化剤に使用される。水不溶性のひまし油をロート油にすれば、コロイド電解質に変じ、水溶性になる。またヒドロキシ基とこれに隣接するメチレン基とから脱水を行い、脱水ひまし油を製造する。これは共役ジエンを含み、乾性油であるから、塗料用に使われる。油かすは、ヒマ種子中に存在するリチンという有毒なアルカロイドやリパーゼを含有するために、飼料として使用されず、肥料として用いられる。リパーゼは油脂を加水分解するが、まだ一部以外工業的には一般に用いられていない。[福住一雄]

医薬用

下剤。内服により、小腸内で胆汁の共存のもと、リパーゼの作用によって加水分解され、リシノール酸ナトリウムを生成し、これが腸管からの水および電解質の吸収を抑制し、また腸管の蠕動(ぜんどう)を促し、瀉下(しゃげ)作用を現す。1回10~20ミリリットルを内服する。服用しやすくするためにオレンジ油、はっか油を配合した加香ひまし油がある。内用のほか、外用に皮膚緩和剤として製剤原料とされる。日本薬局方には製剤として、加香ひまし油のほか、クロラール・サリチル酸精、トウガラシ・サリチル酸精、複方ヨード・トウガラシ精が収載されており、これらに配合されている。[幸保文治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ひまし油の関連キーワードエレクトロルミネセンストウゴマ(唐胡麻)フェイラデサンタナ鹸化価・鹼化価工業用植物油脂トウダイグサ科アルキド樹脂水添ひまし油コロジオンバラナガルラッカー透明石鹸ナイロン油脂工業バラムツポマードサントスせっけん硫酸化油けん化価

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android