コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朴殷植 ぼくいんしょく Pak Ǔn‐sik

1件 の用語解説(朴殷植の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぼくいんしょく【朴殷植 Pak Ǔn‐sik】

1859‐1925
朝鮮の独立運動家,学者。字は聖七,号は謙谷,白岩。黄海道黄州に生まれる。儒学を修め,丁若鏞に心酔した。1898年《皇城新聞》創刊に参加し主筆となった。1900年には経学院,漢城師範学校の教師となった。05年《大韓毎日申報》主筆,06年西友学会評議員兼《西友》主筆,大韓自強会会員となり,愛国啓蒙運動を展開した。08年には西北学会の結成に参加し《西北学会月報》の主筆となった。10年以降,自国史研究を重視し《蓋蘇文伝》(1911),《安重根義士伝》《韓国痛史》(ともに1914)等を著し,民族史学の開拓者となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

朴殷植の関連キーワード安重根金九宋鎮禹マルティ三・一独立運動安昌浩尹奉吉姜徳相金嘉鎮曺晩植

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone