コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朴殷植 ぼくいんしょくPak Ǔn‐sik

世界大百科事典 第2版の解説

ぼくいんしょく【朴殷植 Pak Ǔn‐sik】

1859‐1925
朝鮮の独立運動家,学者。字は聖七,号は謙谷,白岩。黄海道黄州に生まれる。儒学を修め,丁若鏞に心酔した。1898年《皇城新聞》創刊に参加し主筆となった。1900年には経学院,漢城師範学校の教師となった。05年《大韓毎日申報》主筆,06年西友学会評議員兼《西友》主筆,大韓自強会会員となり,愛国啓蒙運動を展開した。08年には西北学会の結成に参加し《西北学会月報》の主筆となった。10年以降,自国史研究を重視し《蓋蘇文伝》(1911),《安重根義士伝》《韓国痛史》(ともに1914)等を著し,民族史学の開拓者となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

朴殷植の関連キーワード3・1独立運動乙巳保護条約新民会

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android