コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉坂百明 すぎさか ひゃくめい

2件 の用語解説(杉坂百明の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

杉坂百明

江戸中期の俳人。通称志蔵、号は百明・土竜庵・鴫立庵。上総東金生、江戸及び相模住。俳諧を白井鳥酔に学ぶ。著書に『そのきさらぎ』『市中閑』等がある。天明4年(1784)歿、享年未詳。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉坂百明 すぎさか-ひゃくめい

?-1784 江戸時代中期の俳人。
上総(かずさ)(千葉県)の人。江戸にでて白井鳥酔(ちょうすい)にまなぶ。師についで相模(さがみ)(神奈川県)大磯(おおいそ)の鴫立(しぎたつ)庵主となった。天明4年7月22日死去。通称は志蔵(忠蔵)。別号に土竜庵。編著に「そのきさらぎ」,「俳諧(はいかい)提要録」(烏明(うめい)と共編)など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

杉坂百明の関連キーワード羅城鶏冠原元傘車拾翠蝶左坊樗雲貞佐(1)里風帒一

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone