コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉木美津 すぎき みつ

1件 の用語解説(杉木美津の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉木美津 すぎき-みつ

1583-1647 江戸時代前期の俳人。
天正(てんしょう)11年生まれ。伊勢(いせ)(三重県)山田の人。夫の光貞(みつさだ)(赤右衛門)とともに杉木望一,松田利清に俳句をまなぶ。伊勢小町と称され,女流俳人の祖とされる。「犬子(えのこ)集」などに句がのせられている。正保(しょうほ)4年7月2日死去。65歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

杉木美津の関連キーワード阿部正次山之井本多成重イギリス音楽尾山ガーゴ小谷方甲府城賤ヶ岳の戦い高校授業料の無償化

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone