犬子(読み)いんのこ

精選版 日本国語大辞典「犬子」の解説

いん‐の‐こ【犬子】

〘名〙 (「いぬ(犬)の子(こ)」の変化した語)
① 小犬。
② 犬張子(いぬはりこ)の異称。
③ 子供が夢におそわれて、おびえたりするとき、それを眠らせるために唱えるまじない。また、そのことば。
※俳諧・崑山集(1651)二「入逢に犬の子をせよ花のかほ〈白岩〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「犬子」の解説

えのこ‐ろ〔ゑのこ‐〕【犬子/犬児/×狗】

えのこ」に同じ。
「折ふし―一ぴき来るをとらへて抱き」〈きのふはけふ・下〉

え‐の‐こ〔ゑ‐〕【犬子/児/×狗】

子犬。えのころ
「白い―の走り出でたるをとらんとて」〈平家・一二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「犬子」の解説

【犬子】けんし

犬の子。子どもの愛称に用いる。〔史記、司馬相如伝〕少時好んで書を讀み、劍を學ぶ。故に其の親、之れに名づけて犬子と曰ふ。

字通「犬」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android