コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉浦治郎右衛門 すぎうら じろうえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉浦治郎右衛門 すぎうら-じろうえもん

1820-1895 明治時代の実業家。
文政3年9月28日生まれ。京都祇園の茶屋一力(いちりき)の主人。槙村正直の助けをえて,明治3年日本最初の検黴治療所,6年婦女職工引立会社(女子教育機関,のちの遊所女紅場(にょこうば))を設立し,祇園の復興につくした。5年第1回京都博覧会では「都をどり」の催しの創設に協力した。明治28年2月24日死去。76歳。山城(京都府)出身。本名は為充。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

杉浦治郎右衛門の関連キーワード明治時代実業家

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android