杉浦睦夫(読み)すぎうら むつお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉浦睦夫 すぎうら-むつお

1918-1986 昭和時代のカメラ技術者。
大正7年3月13日生まれ。オリンパス光学工業につとめる。同僚の深海(ふかうみ)正治,東大病院分院外科の宇治達郎とともに胃カメラの開発に取りくみ,昭和25年世界ではじめて完成させた。昭和61年8月26日死去。68歳。平成2年吉川英治文化賞。静岡県出身。東京写真専門学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android