コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉田仙十郎 すぎた せんじゅうろう

2件 の用語解説(杉田仙十郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉田仙十郎 すぎた-せんじゅうろう

1820-1893 幕末-明治時代の公共事業家。
文政3年11月6日生まれ。杉田定一(ていいち)の父。家は代々越前(えちぜん)(福井県)坂井郡の大庄屋。江戸に遊学,安政4年(1857)自邸内に学校をたてたが,分にすぎるとして藩から閉門を命じられた。維新後,九頭竜(くずりゅう)川の改修,地租軽減などにつくす。石川県の最初の県会議員のひとり。明治26年1月10日死去。74歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

杉田仙十郎

没年:明治26.1.10(1893)
生年:文政3.11.6(1820.12.11)
幕末明治期の大庄屋,県会議員。福井藩領越前国坂井郡波寄村(福井市)の人。衆議院議長杉田定一の父。天保14(1843)年父の後を継いで大庄屋となり,次いで福井藩惣会所の調和惣締役兼惣代助役,郷長,県会議員を歴任,この間地域のために九頭竜川の治水にも尽力した。長男定一が政治家になると(1・2回衆議院議員選挙に連続当選),物心両面にわたってその活動を支え,父祖伝来の田畑を手離して惜しむことがなかったという。安政4(1857)年大庄屋を罷免されたが,復帰を願った組下村々の嘆願書に,「菓子料は申すに及ばず,三季(中元や歳暮など)を聊も受納致されず」とあって,清廉の人柄が窺われる。石黒務知事も,仙十郎のために「わずらいも年の高きもものかはとすゝむ君こそ世の宝なれ」と詠んでいる。<参考文献>雑賀博愛『杉田鶉山翁』

(隼田嘉彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

杉田仙十郎の関連キーワード園田多祐県議会議員県会議員瀬見善水土生彰林勇蔵本多鼎介松村友松守田精一山本如水

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone