コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉田定一 すぎたていいち

5件 の用語解説(杉田定一の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

杉田定一
すぎたていいち

[生]嘉永4 (1851).6.2. 越前
[没]1929.3.23. 東京
明治・大正・昭和期の政治家。号は鶉山(じゅんざん)。幼年の頃,松井耕雪吉田東篁の塾に学び,1875年に上京。『評論新聞』『采風新聞』の記者となり自由民権運動に参加,明治新政府を攻撃し投獄された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉田定一 すぎた-ていいち

1851-1929 明治-昭和時代前期の政治家。
嘉永(かえい)4年6月2日生まれ。杉田仙十郎の長男。郷里福井県で国会開設請願運動,地租改正反対闘争を指導。自由党の結成に参画し,明治23年衆議院議員(当選9回,政友会)。31年第1次大隈内閣北海道庁長官となる。39年衆議院議長。貴族院議員。昭和4年3月23日死去。79歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

杉田定一

没年:昭和4.3.23(1929)
生年:嘉永4.6.2(1851.6.30)
明治大正期の政党政治家。越前国坂井郡波寄村(福井市)の豪農杉田仙十郎,隆の子。号は鶉山。明治8(1875)年政治家を志し上京,『采風新聞』の記者として活動を始め,『中外評論』『草莽事情』など当時の反政府的言論機関に関係,筆禍を受け2度の入獄を経験した。西南戦争(1877)後は板垣退助を中心とした自由民権運動に奔走,郷里波寄に民権政社(自郷社)を作り,国会開設請願運動に尽力,13年11月には越前において7041名の国会願望署名人を集め得た。一方当時越前7郡に展開された地租改正反対運動の指導者として減租を獲得し,現在も福井市の足羽山に杉田氏減租運動紀功碑が残っている。またこの時期に『経世新論』を出版,三度筆禍を受け入獄した。15年には南越自由党を結成,機関紙『北陸自由新聞』を刊行,越前における政治運動の拠点となった。次いで第1回衆院議員選挙に当選,以後第4回を除いて明治の終わりまで連続当選を続け,自由党,憲政党,立憲政友会に所属,その間31年北海道庁長官,39年衆議院議長,41年政友会幹事長を歴任,45年貴族院議員に勅選されるまで党の第一線の重鎮として活動した。また地元福井県における絹織物業の発展,九頭竜川の改修工事,三国鉄道の敷設などに尽力し,地方政界の長老として大正から昭和初頭まで君臨した。彼が還暦を迎え作詩した「自述」と題する「北馬南船六十年/人情世態幾変遷/白頭未作児孫計/売却家山二頃田」(頃は百畝)という詩はよく彼の本領を物語っていよう。世にいう井戸塀政治家の典型であった。<参考文献>雑賀博愛『杉田鶉山翁』,「杉田定一関係文書」(大阪経済大学図書館),池内啓『杉田定一翁』

(池内啓)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

すぎたていいち【杉田定一】

1851‐1929(嘉永4‐昭和4)
明治・大正・昭和期の政党政治家。越前国(福井県)の豪農の出身。1878年愛国社の再興に参加し,自由民権運動の発展に尽力。郷里に民権結社自郷社を結成し,また77‐80年越前6郡26ヵ村の地租改正反対運動を指導。81年自由党の結成に参加。90年第1回衆議院議員選挙以来当選9回。憲政党,ついで政友会の結成に参加。一時政友本党に移ったが27年政友会に戻り顧問となった。【大日方 純夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

杉田定一
すぎたていいち
(1851―1929)

明治・大正期の政治家。大アジア主義者。号は鶉山(じゅんざん)。嘉永(かえい)4年6月2日、越前(えちぜん)国坂井郡波寄村(福井市波寄町)の豪農仙十郎の長男として生まれる。1868年(明治1)大阪で理化学を、ついで横浜、東京で英語、ドイツ語を習得し、1873年帰郷。1875年再上京し『采風(さいふう)新聞』を創刊したが、翌年2月同紙に掲げた政府批判文が筆禍にあい下獄。出獄後東北地方より第二維新を起こそうと旧庄内(しょうない)藩で画策するが、志ならず土佐に赴き、板垣退助(たいすけ)らと自由民権運動に従事。1878年10月『評論新聞』の一文が再筆禍で投獄。1879年春出獄後帰郷し、権令(ごんれい)罷免にまで発展した地租改正反対運動を指導、自郷学舎(じきょうがくしゃ)を設立し越前民権運動の総帥となり、国会開設請願書越前七郡有志代表となる。1880年2月起稿の『経世新論(けいせいしんろん)』の筆禍で翌年1月下獄、1882年6月出獄後、自由党拡張に奔走する。1883年8月に『興亜策』を著述。翌年8月上海(シャンハイ)に渡り東洋学館を設立する。第1回衆議院総選挙(1890)で当選、以後中央政界で活躍する。隈板(わいはん)内閣の北海道長官、衆議院議長、政友会幹事長などを歴任。1912年貴族院議員となる。昭和4年3月23日没。[松尾章一]
『雑賀博愛著『杉田鶉山翁』(1928・鶉山会) ▽大槻弘著『越前自由民権運動の研究』(1980・法律文化社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

杉田定一の関連キーワード関直彦星亨藩閥政府二大政党政治坪江荘川原茂輔島田俊雄永江純一前田房之助川人貞史

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone