コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉魁 すぎ かい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉魁 すぎ-かい

1811-1877 江戸後期-明治時代の儒者。
文化8年生まれ。江戸にでて,はじめ古畑玉函(ぎょくかん)に,さらに昌平黌(こう)にまなぶ。のち姓を杉山から杉にあらため江戸で塾をひらく。晩年上野(こうずけ)(群馬県)館林(たてばやし)藩につかえ学政を監督した。明治10年6月16日死去。67歳。出羽(でわ)山形出身。字(あざな)は春郷,大魁。号は竹外。著作に「周易横図」「周易象義」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

杉魁の関連キーワード明治時代儒者

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android