コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李徳林 りとくりんLǐ Dé lín

1件 の用語解説(李徳林の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りとくりん【李徳林 Lǐ Dé lín】

531‐591
中国,隋の宰相。字は公輔。博陵郡安平県(河北省安平県)の人。家柄は良くなかったが幼少時から文才のほまれ高く,北斉の官界に入って詔勅をつかさどり,顔之推と共に文林館を管掌した。北周が北斉を滅ぼすと,北斉系士大夫を代表する人物として遇された。周隋革命時には楊堅(隋の文帝)のブレーンとして活躍,内史令に任ぜられて枢機にあずかり,また律令制定に当たったが,高熲(こうけい)ら北周系官僚と意見が合わず,左遷されて懐州刺史在任中に病没した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

李徳林の関連キーワード荘王南山新城碑マウリキウス波賀由紀養老鉄道不妊症と治療多摩動物公園神聖戦役大伴咋紀男麻呂

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone