李徳林(読み)りとくりん(英語表記)Lǐ Dé lín

世界大百科事典 第2版の解説

りとくりん【李徳林 Lǐ Dé lín】

531‐591
中国,隋の宰相。字は公輔。博陵郡安平県(河北省安平県)の人。家柄は良くなかったが幼少時から文才のほまれ高く,北斉の官界に入って詔勅をつかさどり,顔之推と共に文林館を管掌した。北周が北斉を滅ぼすと,北斉系士大夫を代表する人物として遇された。周隋革命時には楊堅(隋の文帝)のブレーンとして活躍,内史令に任ぜられて枢機にあずかり,また律令制定に当たったが,高熲(こうけい)ら北周系官僚と意見が合わず,左遷されて懐州刺史在任中に病没した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android