コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楊堅 ようけん

4件 の用語解説(楊堅の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

楊堅
ようけん

「文帝[隋]」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

よう‐けん〔ヤウ‐〕【楊堅】

[541~604]中国、の初代皇帝。在位581~604。諡(おくりな)は文帝。廟号(びょうごう)は高祖。北周の静帝の禅譲をうけて帝位につき、突厥(とっけつ)を滅ぼして天下を統一。官制・兵制・均田制を施行、中央集権体制の基礎を築いた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ようけん【楊堅】

541~604) 中国、隋の初代皇帝(在位581~604)。廟号は高祖、諡おくりなは文帝。北周の静帝の禅譲をうけて即位。北の突厥とつけつを討ち、589年南朝の陳を滅ぼして中国を統一、都の大興城(西安付近)を造営した。均田制・府兵制の施行、科挙の創設など、開皇の治と称された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

楊堅
ようけん
(541―604)

中国、隋(ずい)の初代皇帝(在位581~604)。帝号は文帝。廟号(びょうごう)は高祖。後漢(ごかん)の学者・政治家である楊震(ようしん)の子孫で、弘農華陰(こうのうかいん)(陝西(せんせい)省華陰県)の人と称しているが、おそらくは漢人ではなく鮮卑(せんぴ)族であろう。父の楊忠は西魏(せいぎ)の十二大将軍の一人で、楊堅は西魏を継いだ北周において、父の功により栄進した。楊堅の長女が北周の宣帝の皇后となり、外戚(がいせき)として北周の政治の実権を握り、宣帝の子の静帝の譲りを受けて、隋朝を開いた。首都を長安(西安)に定め、大興城といった。文帝の定めた開皇律(かいこうりつ)、官制、均田制、兵制などは、次の唐代の律令(りつりょう)制の基礎となった。その政治は節約を重んじ、分裂していた南北朝を統一(589)して、治績をあげた。対外的には突厥(とっけつ)、高句麗(こうくり)を討った。性質は疑い深く、皇太子の勇を廃して、次子の広(こう)(煬帝(ようだい))をたてたが、最後は広に殺されたといわれる。[布目潮

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の楊堅の言及

【外戚】より

…漢の高祖劉邦の死後,呂(りよ)太后が若年の恵帝をさしおいて国政を動かし,呂氏一族とともに天下を奪いとろうとしたことや,唐の高宗の皇后則天武后がついに唐の国家を奪って国号を周と改めたことなどは,外戚による簒奪というよりも,むしろ皇后ないし皇太后自身による政変というべきだが,もとより外戚による簒奪の例も存在する。前漢元帝の皇后王氏の一族であった王莽(おうもう)が,漢を奪って新という国を建てた例や,北周宣帝の皇后の父楊堅が,北周を滅ぼして隋王朝を建て,隋の文帝と称されることになった例などがそれである。外戚によって国が滅ぼされる事態にまでは至らなくても,外戚が国政を乱す例は多く,たとえば後漢では,4代目の天子の和帝以後幼弱な皇帝が多かったので,皇太后が次々に摂政になり,そのたびに竇(とう)氏・鄧氏・梁氏などの外戚が国政を掌握した。…

【隋】より

…中国,北周の武将で外戚でもあった楊堅(文帝)が,581年(開皇1)北周を奪って建国し,子の楊広(煬帝(ようだい))と2代38年間つづき,618年(皇泰1)に唐に取って代わられた中国の王朝。581‐619年。…

【文帝】より

…先祖は北時代に山西省北部の武州鎮に移住,祖父楊元寿は鎮司馬となり,父楊忠(507‐568)は北魏末,六鎮(りくちん)の乱にあたって宇文泰に従って南遷し,北周開国の功臣となり,十二大将軍の一人に数えられた。楊堅は父の勲功によって鮮卑人で武川鎮軍閥の名家独孤信の娘(北周明帝の皇后の妹)をめとり,父の爵位をついで柱国・随国公となった。国号の隋はこれに由来する。…

※「楊堅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

楊堅の関連キーワードグアム島グレゴリウス煬帝デーリーミラー放生院プジョー604フェリー粟国元離宮二条城築城400年記念 展示・収蔵館三菱化学[株]日影皇女

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone