コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李穡 りしょく(R)I Saek

世界大百科事典 第2版の解説

りしょく【李穡 (R)I Saek】

1328‐96
朝鮮,高麗末期の文臣,学者。字は穎叔。号は牧隠。韓山の人。李穀の子で李斉賢の門人。14歳で進士となり,元に留学して元の文科にも及第した。朱子学に精通し,成均館大司成として鄭夢周,李崇仁らを学官に採用,朱子学の発展に寄与したが,仏教にも造詣が深かった。王朝交替期の政治家として活躍したが,李成桂(李朝の太祖)派と対立したため,晩年は不遇であった。諡号(しごう)は文靖。李朝初期の文臣たちは多く彼の影響下にあり,李朝漢文学の淵源をなす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

李穡の関連キーワード鄭道伝権近吉再

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android