コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李維漢 りいかんLi Wei-han

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李維漢
りいかん
Li Wei-han

[生]光緒23(1897).湖南湘潭
[没]1984.8.11. 北京
中国の政治家。別名,羅邁。毛沢東とともに新民学会の創立者の一人。 1919年フランス留学生としてパリにおもむき,周恩来らとともに中国共産党パリ支部を創設。帰国後江西ソビエト区に入り,党の工作に従事,46年の国共会談には共産党代表として参加。中華人民共和国の成立後に,党中央統一戦線工作部長,第8期中央委員,人民政治協商会議副主席などをつとめた。 64年より統一戦線工作において「修正主義」,「投降主義」路線を推進した理由で批判され失脚文化大革命後名誉回復され,知識人の名誉回復と地位向上などを主張。 79年7月全国政治協商会議副主席,82年中央顧問委員会副主任。 84年8月北京で病死。著書に『回憶与研究』がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

李維漢の関連キーワード国木田独歩ウナムーノ国木田独歩サンクト・ペテルブルグシベリア鉄道フィリピン革命ジャン ロラン帝国大学オールコックカンドウ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android