コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李部王記 りぶおうき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李部王記
りぶおうき

「りほうおうき」とも読む。醍醐天皇の第4王子式部卿重明 (しげあきら) 親王 (912~954) の延喜 20 (920) ~天暦6 (952) 年の日記。主として朝廷の行事を記す。漢文。本文は伝存せず,現在のものは諸書の逸文を集録したもの。李部は式部卿の唐名の吏部のあて字。 (→古事談 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

李部王記の関連キーワード重明親王吏部王記絵解き刀禰

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android