杏一洞(読み)きょう いちどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杏一洞 きょう-いちどう

?-1701 江戸時代前期の医師,書家。
杏三折(さんせつ)の父。長崎の外科医西玄甫(にし-げんぽ)の高弟。富山藩医にまねかれて前田正甫(まさとし)につかえ,儒学の師南部草寿(なんぶ-そうじゅ)を藩の儒官に推薦した。長崎にいたころ,林道栄(どうえい)に書をならい,その著「杏林法帖(ほうじょう)」は世に知られた。元禄(げんろく)14年8月死去。本姓は村田。別号に橘軒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android