コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杏一洞 きょう いちどう

1件 の用語解説(杏一洞の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杏一洞 きょう-いちどう

?-1701 江戸時代前期の医師,書家。
杏三折(さんせつ)の父。長崎の外科医西玄甫(にし-げんぽ)の高弟。富山藩医にまねかれて前田正甫(まさとし)につかえ,儒学の師南部草寿(なんぶ-そうじゅ)を藩の儒官に推薦した。長崎にいたころ,林道栄(どうえい)に書をならい,その著「杏林法帖(ほうじょう)」は世に知られた。元禄(げんろく)14年8月死去。本姓は村田。別号に橘軒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

杏一洞の関連キーワード孔生部富世阿部春庵岡寿元岡本玄琳笠原重次栗崎道有津軽建広土岐宗璉安富三育吉田林庵

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone