コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前田正甫 まえだ まさとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

前田正甫 まえだ-まさとし

1649-1706 江戸時代前期-中期の大名。
慶安2年8月2日生まれ。前田利次(としつぐ)の次男。延宝2年越中富山藩主前田家2代となる。反魂丹の製造を奨励して富山売薬の基礎をつくる。また武術家,儒者を多数招聘(しょうへい)して文武両面の振興をはかった。宝永3年4月19日死去。58歳。初名は利勝,のち利昌,利虎,利義,利之,季久など。通称は掃部(かもん)。著作に「化蝶類苑」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

前田正甫 (まえだまさとし)

生年月日:1649年8月2日
江戸時代前期;中期の大名
1706年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

前田正甫の関連キーワード前田利隆(2)久右衛門(1)松井屋源右衛門八重崎屋源六富山の薬売り富山売薬商人吉野屋慶寿杣田細工梅原半助杣田光正生年月日小柴貞義万代常閑前田利興治郎兵衛越中国杏一洞中期役高

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android