コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杏凡山 きょう はんざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杏凡山 きょう-はんざん

1820-1885 江戸後期-明治時代の儒者。
文政3年生まれ。越中富山藩士。昌平黌(しょうへいこう)で林述斎,塩谷宕陰(しおのや-とういん)にまなぶ。藩校広徳館学頭,加賀金沢藩藩校明倫堂の教授を歴任。明治16年に富山で家塾をひらき,のち富山師範教諭。明治18年5月19日死去。66歳。名は立。字(あざな)は士立。通称は敏次郎。号は「ぼんざん」ともよむ。著作に「四書集註宋朱熹章句集註」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

杏凡山の関連キーワード井山惟誠儒者

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android