村上冬嶺(読み)むらかみ とうれい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村上冬嶺 むらかみ-とうれい

1624-1705 江戸時代前期の医師,儒者。
寛永元年生まれ。京都の唖科(小児科)の医師。東山天皇皇子を治療,のち法印にすすみ,春台院の号をゆるされた。儒学那波活所(なば-かっしょ)にまなぶ。詩文にすぐれ,伊藤坦庵,伊藤仁斎らとまじわった。宝永2年8月29日死去。82歳。名は友佺,等詮。字(あざな)は漫甫。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むらかみとうれい【村上冬嶺】

1624~1705 江戸前期の医家・漢詩人。京都の人。名は友佺、字あざなは漫甫、冬嶺は号。著「冬嶺詩文集」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android