コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

那波活所 なば かっしょ

8件 の用語解説(那波活所の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

那波活所

江戸前期の儒者。姫路の人。名は方、のち觚、字は道円、通称は平八郎。藤原惶窩に師事し、林羅山・堀杏庵・松永尺五とともに惶窩門四天王と称された。和歌山藩主徳川頼宣に仕えた。正保5年(1648)歿、54才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なわ‐かっしょ〔なはクワツシヨ〕【那波活所】

[1595~1648]江戸初期の儒学者。播磨(はりま)の人。字(あざな)は道円。藤原惺窩(ふじわらせいか)に学び、のち、紀伊侯徳川頼宣に仕えた。著「人君明暗図説」「活所遺稿」。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

那波活所 なば-かっしょ

1595-1648 江戸時代前期の儒者。
文禄(ぶんろく)4年3月生まれ。那波木庵の父。京都の藤原惺窩(せいか)に師事し,林羅山(らざん)らとともに藤門四天王と称された。寛永12年紀伊(きい)和歌山藩主徳川頼宣(よりのぶ)につかえ「人君明暗図」をあらわした。正保(しょうほ)5年1月3日死去。54歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。初名は信吉,のち方,觚(こ)。字(あざな)は道円。通称は平八。著作はほかに「活所備忘録」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

那波活所

没年:慶安1.1.3(1648.1.27)
生年:文禄4.3(1595)
江戸時代前期の儒学者。初名は信吉,のち方,觚と改名。字は道円,通称は平八。晩年,姓を祐と改めた。先祖は,播磨国(兵庫県)守護赤松氏の一族宇野氏,のち赤穂郡那波荘に移って那波氏を名乗る。祖父祐恵の代に,那波浦で商業に励み巨富を築く。父徳由も姫路で商業に従事。徳由の弟宗旦は,京都の豪商那波屋の祖である。幼少から学問を好み,17歳で上洛。翌年藤原惺窩に師事し,杜鵑の詩を呈して賞讃を受け,20歳で徳川家康に拝謁した。林羅山,堀杏庵,松永尺五と惺窩門四天王と称された。元和9(1623)年,生計のため肥後(熊本)藩に出仕したが,志にかなわず7年後に辞去。寛永11(1634)年,紀州藩主徳川頼宣に仕え,500石の厚遇を受け,頼宣の側近で直諫の人として活躍した。晩年,『寛永諸家系図伝』編集のため幕府に招聘されたが,眼疾を理由に辞退。「異中の同」を重視する惺窩の学問を基本的に継承しながら,次第に王陽明に接近して独自の思想を形成した。思想的特色は,生意を重視して性欲や芸術欲を積極的に肯定したり,天の領域を限定して人間的諸問題の人知による解決を主張するなどの点があげられ,伊藤仁斎の思想形成に多大な影響を与えたとみられる。<著作>『活所遺藁』『活所備忘録』<参考文献>柴田純『思想史における近世』,三浦俊明「海老名季次と那波祐恵」(『相生市史』2巻)

(柴田純)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

なわかっしょ【那波活所】

1595‐1648(文禄4‐慶安1)
江戸前期の朱子学派の儒者。初名は方,のち觚,字は道円,号は活所。播磨の人で,初め熊本藩の俸禄を受けたが,その後紀州藩主徳川頼宣に仕え,頼宣の思想的ブレーンとなった。藤原惺窩の高弟で,林羅山らとともに藤門四天王と称された。活所の儒学思想は朱子学からしだいに陽明学に接近し,法と諫言を重視した。著書には《人君明暗図説》《活所備忘録》などがある。【石毛 忠】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

なわかっしょ【那波活所】

1595~1648) 江戸初期の儒者。字あざなは道円。播磨の人。藤原惺窩の高弟。著「人君明暗図説」「活所遺稿」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

那波活所
なばかっしょ

[生]文禄4(1595).姫路
[没]正保5(1648).1.3.
江戸時代前期の朱子学派の儒学者。名は觚,字は道円。京都に出て藤原惺窩に学び,林羅山らとともに藤門四天王と称された。紀伊の徳川頼宣らに仕えた。著書『通俗四書註者考』 (1696) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

那波活所
なわかっしょ
(1595―1648)

江戸初期の儒学者。名は方、のちに觚。字(あざな)は道円。活所と号す。播磨(はりま)(姫路市)の豪商の家に生まれる。家業に従わず、18歳のとき藤原惺窩(ふじわらせいか)に入門、朱子学を根幹としつつ独自の学問・思想を形成する。初め肥後の加藤侯に仕え、1634年(寛永11)には紀伊侯徳川頼宣(とくがわよりのぶ)に仕えて、その思想的ブレーンとなる。その著『人君明闇(めいあん)図説』は、紀州歴代藩主の教導書となる。木庵(もくあん)(1614―1683)は彼の長子である。[玉懸博之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の那波活所の言及

【漢詩文】より

…【玉村 竹二】
【近世】
 近世初期,漢詩文を制作するうえで必要とされる漢語その他中国文化万般にわたる知識をもっとも豊富に有していたのは儒者であったから,近世における漢詩文の歴史は,儒者の余技という形で出発した。すなわち近世最初の儒者である林羅山,松永尺五(せきご),堀杏庵,那波活所(なわかつしよ)などが,同時に近世最初の漢詩人でもあった。したがってその文学活動は,彼らの奉じた朱子学の文学観の影響を強く受け,知識人の重んずべきは儒学であって,詩文は第二義の営みにすぎないという消極的な位置づけと,詩文は道徳に資するものでなければならないという道学主義との拘束のもとにあった。…

※「那波活所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

那波活所の関連キーワード中西信慶岡田竹圃包綱菅恥庵周哲進藤権右衛門佐谷隆斎武田道安歳長(山城守系・2代)梁田毅斎

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone