コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村上勘兵衛 むらかみ かんべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村上勘兵衛 むらかみ-かんべえ

1882-1978 明治-昭和時代の農事改良家。
明治15年3月1日生まれ。40年ごろから郷里の広島県重井村(因島(いんのしま)市)で除虫菊の栽培普及をすすめる。昭和4年同村村長となり,10年県農事試験場除虫菊試験地(現県農業試験場島嶼部(とうしょぶ)支場)の誘致に力をつくした。昭和53年11月25日死去。96歳。広島師範卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の村上勘兵衛の言及

【太政官日誌】より

…当初の印刷には木版整版と木活字が用いられ,数回分をまとめ書籍形式でも頒布された。版元は京都の御用書肆の村上勘兵衛で,遷都後は東京の須原屋茂兵衛の手に移っている。村上の回想によれば,政府の意図は外国の新聞に倣って毎日の決定事項を諸藩に令達することであった。…

※「村上勘兵衛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

村上勘兵衛の関連キーワード今井太郎右衛門太政官日誌昭和時代集書院本屋明治

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android