村井昌弘(読み)むらい まさひろ

  • 村井昌弘 むらい-まさひろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1693-1759 江戸時代中期の兵法家,測量家。
元禄(げんろく)6年生まれ。伊勢(いせ)(三重県)の人。安濃津(あのつ)で兵学塾の神武(しんぶ)館をひらき,のち江戸で島原侯につかえた。祖父昌躬が小林義信から伝授された測量術伝書を整理し,享保(きょうほう)17年「量地指南」として公刊した。宝暦9年7月20日死去。67歳。通称大輔。号は蘇道。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android