神武(読み)シンブ

デジタル大辞泉の解説

しん‐ぶ【神武】

《「じんぶ」とも》この上なく優れた武徳。「聖文(せいぶん)」と対で用いられることが多い。じんむ。
「―鋒端(ほうたん)を揺(うご)かし、聖文(せいぶん)宇宙を定(しづ)むる」〈太平記・一四〉

じんむ【神武】

神武天皇のこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

神武

安彦良和による漫画作品。「ナムジ」の続編。ナムジの息子のツノミを主人公とし、仮説や創作を取り込んで神武天皇の東征を描く歴史物語。描き下ろし作品。徳間書店から1992年~1995年に全5巻で刊行された。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

しんぶ【神武】

〔「じんぶ」とも〕
神のように、この上なくすぐれた武徳。

じんむ【神武】

〔神武天皇が日本第一代の天皇とされたところから〕
日本の開国。大昔。 「 -以来」 「 -景気」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神武の関連情報