コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村井養斎 むらい ようさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村井養斎 むらい-ようさい

1837-1910 幕末-明治時代の儒者。
天保(てんぽう)8年8月5日生まれ。安芸(あき)広島藩士。吉村秋陽にまなび,大坂の奥野小山の門で詩文をおさめる。維新後は官立の広島英語学校,広島中学などで倫理,漢文をおしえた。明治43年5月28日死去。74歳。名は浚。字(あざな)は明卿。通称は岩太郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

村井養斎の関連キーワード新聞小説辞典ロバート ギッフェンブルーアー田岡嶺雲ニコラ1世アフリカ神話有島武郎桂太郎内閣フレーブニコフ

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone