コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村山半牧 むらやま はんぼく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村山半牧 むらやま-はんぼく

1828-1868 幕末の画家。
文政11年生まれ。越後(えちご)(新潟県)三条の人。長谷川嵐渓(らんけい)に文人画をまなび,長崎にも遊学。京都で藤本鉄石(てっせき)らとまじわり,尊攘(そんじょう)運動にかかわる。戊辰(ぼしん)戦争の際,長岡藩兵に追及され,慶応4年6月14日郷里の山中で自殺。41歳。名は椒。字(あざな)は其馨。通称は秀一郎。別号に荷汀。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

村山半牧の関連キーワード藤森桂谷村山荷汀村山半山良寛

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android