コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村山半牧 むらやま はんぼく

美術人名辞典の解説

村山半牧

幕末・維新の志士・画家。越後生。名は椒、字は仲宜、別号に荷汀。長谷川嵐溪に師事。のち京都へ出て藤本鉄石伴林光平江馬天江・山中信天翁らと交わる。明治元年(1868)歿、41才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村山半牧 むらやま-はんぼく

1828-1868 幕末の画家。
文政11年生まれ。越後(えちご)(新潟県)三条の人。長谷川嵐渓(らんけい)に文人画をまなび,長崎にも遊学。京都で藤本鉄石(てっせき)らとまじわり,尊攘(そんじょう)運動にかかわる。戊辰(ぼしん)戦争の際,長岡藩兵に追及され,慶応4年6月14日郷里の山中で自殺。41歳。名は椒。字(あざな)は其馨。通称は秀一郎。別号に荷汀。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

村山半牧の関連キーワード藤森桂谷村山荷汀村山半山良寛

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android