コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村本一生 むらもと かずお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村本一生 むらもと-かずお

1914-1985 昭和時代のキリスト者。
大正3年3月27日生まれ。東京工業大在学中の昭和10年,灯台社明石順三から洗礼をうけ,明石一家とともに全国各地で伝道。13年応召。翌年陸軍工科学校内で銃を返上して軍務を拒否し,懲役2年の刑をうける。戦後も明石順三と行動をともにした。昭和60年1月8日死去。70歳。熊本県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の村本一生の言及

【灯台社】より

…彼らは聖書を無謬の記録とし,唯一の神を信じて偶像崇拝を禁じ,キリストの間近い再臨により,悪魔の支配する地上の制度・機構は滅ぼされるとし,戦争を聖書のいう殺人罪として認めず,兵役拒否を唱えた。39年明石順三の長男真人と伝道者村本一生の兵役拒否を契機に,灯台社は各地で一斉検挙され,信徒たちは逮捕され,40年に強制閉鎖命令,42年に建物の強制売却処分をうけた。明石順三は裁判で自分は皇室と日本を愛するが,天皇の神的権威を認めず,現在の日本は滅びると証言し,自分の戦いは1億の日本人との戦いであるが,いずれが真理かは間近く明らかになる,と断言した。…

※「村本一生」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

村本一生の関連キーワード昭和時代兵役拒否

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android