コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村松彦七 むらまつ ひこしち

1件 の用語解説(村松彦七の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村松彦七 むらまつ-ひこしち

1845-1885 明治時代の実業家。
弘化(こうか)2年生まれ。愛知小野組の主任。尾張(おわり)特産の七宝焼に着目,名古屋の豪商岡谷惣助にすすめて明治4年愛知七宝会社を設立させ,支配人として欧米輸出への道をひらく。14年の名古屋紡績設立にも尽力した。明治18年1月30日死去。41歳。江戸出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

村松彦七の関連キーワードボードイン後藤三右衛門(2代)スタング(父子)河野安信鈴木庸寿会津小鉄光の科学史東京芸術大学120周年巨文島事件グラント

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone