七宝焼(き)(読み)シッポウヤキ

精選版 日本国語大辞典の解説

しっぽう‐やき【七宝焼】

〘名〙 ふつうには銅または金、銀などを下地にして、面にくぼみをつくり、そこに金属の酸化物を着色材として用いた透明または不透明のガラス質の釉(うわぐすり)を埋め、それを焼きつけて花鳥、人物など種々の模様を表わし出したもの。七宝の名は、仏典に七種の金属、宝石類を七宝と呼んだところから、初め貴金属、宝石類の多彩な装飾の形容として用いたが、のち、転用されたとみられる。世界における歴史は古く、日本では平安時代に作られた。一時中絶したが、桃山時代から復活し、江戸初期にかけて行なわれ、特に平田道仁は七宝によって幕府に仕え、代々継承されたが、その技法は広まらなかった。盛んになったのは幕末からで、天保年間(一八三〇‐四四)尾張国(愛知県)海東郡服部村の梶常吉が、オランダの七宝を研究し、成功したのにはじまる。七宝流し。七宝。
※匏菴十種(1869)〈栗本鋤雲〉暁窓追録「巴里に於て今日に至り人々尤も愛貴する我国の産は、広東焼七宝焼に如く者なし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android