コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村田修子 むらた しゅうこ

1件 の用語解説(村田修子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村田修子 むらた-しゅうこ

1908-1976 昭和時代の劇作家。
明治41年12月10日生まれ。篠原梵(ぼん)の妻。弘前高女教諭をへて,「婦人公論」記者。昭和30年「埋火」で第1回新劇戯曲賞奨励賞をうけた。放送作品もおおい。昭和51年9月5日死去。67歳。佐賀県出身。実践女専卒。本名は雪枝。作品はほかに「生れた家」「天使の部屋」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

村田修子の関連キーワード監獄法ブルガリア文学新聞小説沢村宗十郎東欧映画オリンピック中南米映画歴史小説ローマ・クラブ川本けい子

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone