村田修子(読み)むらた しゅうこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村田修子 むらた-しゅうこ

1908-1976 昭和時代の劇作家。
明治41年12月10日生まれ。篠原梵(ぼん)の妻。弘前高女教諭をへて,「婦人公論」記者。昭和30年「埋火」で第1回新劇戯曲賞奨励賞をうけた。放送作品もおおい。昭和51年9月5日死去。67歳。佐賀県出身。実践女専卒。本名は雪枝。作品はほかに「生れた家」「天使の部屋」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android