コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村田光窿 むらた こうりゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村田光窿 むらた-こうりゅう

1747-1831 江戸時代中期-後期の和算家。
延享4年生まれ。和算を本多利明に,規矩(きく)術(測量術)を溝口林卿にまなぶ。伊勢(いせ)津藩につかえ,同地方に溝口流規矩術をつたえた。孫に村田恒光(つねみつ)。天保(てんぽう)2年6月18日死去。85歳。字(あざな)は不曜。通称は佐十郎。号は朽木軒,如拙。著作に「規矩要法条目口伝私録図解」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

村田光窿の関連キーワード竹田出雲(初代)桃園天皇桂川甫筑ゴローニンメイランペドロターナーブラジル史中止命令と勧告会田安明

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone