村田春野(読み)むらた はるの

  • 村田春野 むらた-はるの

美術人名辞典の解説

国学者。通称七郎左衛門・大亮・中務村田春門次男。初め河内枚岡の神官鳥居大路中務の養子となるが復帰し、家業を継承、塾を開く。和歌を能くし、その詠歌は『鴨川集』『三熊野集』等に採録され、当世百歌仙・近世三六人撰等に挙げられている。著書に『永言三体』『詠歌大概抄』等がある。明治4年(1871)歿、71才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1801-1871 江戸時代後期の歌人。
享和元年生まれ。村田春門(はるかど)の次男大坂の人。家学をついで,塾でおしえた。和歌は近世三十六人撰などにえらばれている。明治4年2月1日死去。71歳。通称は七郎左衛門,大亮。著作に「詠歌大概抄」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android