コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村越直吉 むらこし なおよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村越直吉 むらこし-なおよし

1562-1614 織豊-江戸時代前期の武将。
永禄(えいろく)5年生まれ。徳川家康の側近。関ケ原の戦いの直前,家康の使者として尾張(おわり)(愛知県)清洲に待機する東軍先鋒隊のもとへおもむく。敵味方がわかってから出馬するという家康の内意をもらし,福島正則ら諸将を開戦へと決起させた。慶長19年1月15日死去。53歳。通称は茂助

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

村越直吉の関連キーワード村越吉勝永禄

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android