コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杓子貝 シャクシガイ

デジタル大辞泉の解説

しゃくし‐がい〔‐がひ〕【×杓子貝】

シャクシガイ科の二枚貝の総称。貝殻は白色、球形でよく膨らみ、後端が柄のように長く伸び、杓子状をしている。沿岸の水深50~200メートルの海底にすむ。
イタヤガイの別名。貝殻に柄をつけて杓子にするのでいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゃくしがい【杓子貝】

シャクシガイ科の二枚貝の総称。貝殻は、白色で前方は丸く後端がくちばし状に伸びた杓子形。殻長2~4センチメートルほど。本州中部以南の100~200メートルの海底にすむ。
イタヤガイの異名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

杓子貝 (シャクシガイ)

動物。シャクシガイ科に属する二枚貝の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

杓子貝の関連キーワード板屋貝動物球形後端

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android