コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

板屋貝 イタヤガイ

デジタル大辞泉の解説

いたや‐がい〔‐がひ〕【板屋貝】

イタヤガイ科の二枚貝。浅海の細砂底にすむ。貝ホタテガイに似て、殻長12センチくらい。右の殻は半球形にふくらみ、左はほぼ平ら。殻表に8~10本の放射状の肋(ろく)がある。北海道南部から南に分布。貝柱は食用。右殻は杓子(しゃくし)にする。杓子貝。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いたやがい【板屋貝】

海産の二枚貝。ホタテガイの近縁種。殻は扇を広げたような形で、殻長約10センチメートル。殻表に八~一三条の太い放射状肋ろくがあり、白色で紅褐色の斑紋が入る。貝柱は美味。殻は杓子しやくしに用いる。北海道南部以南に分布。シャクシガイ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

板屋貝 (イタヤガイ)

学名:Pecten albicans
動物。イタヤガイ科の二枚貝

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

板屋貝の関連キーワードシャクシガイ貝杓子近縁種海産斑紋

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android