条件闘争(読み)じょうけんとうそう

精選版 日本国語大辞典の解説

じょうけん‐とうそう デウケントウサウ【条件闘争】

〘名〙 社会運動や労働争議などで、当初の要求を貫徹することがむずかしいとき、あるいは権力(使用者)側がある程度の譲歩をしたとき、戦術を転換して、一定の条件の獲得によって闘争の解決をはかるように交渉を進めること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android