条幅(読み)ジョウフク

  • じょうふく デウ‥
  • じょうふく〔デウ〕

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

掛物(かけもの)(掛軸、掛字)の一種。中国の上質紙である宣紙(せんし)(書画の用に適し、日本でいう画仙紙もその一種。もと安徽(あんき)省宣城(せんじょう)県でつくられたためこの名がある)は、長さ約6尺、5尺、4尺(1尺は約30.3センチメートル)の3種があるが、全紙1枚の縦と横の寸法は、いずれもほぼ2対1の比率になっている。その全紙を縦に半切(はんせつ)し、掛物にしたもの。したがって、条幅の縦横の比率はほぼ4対1となる。これに対して、全紙をそのままの大きさで縦に用いた掛物を堂幅(どうふく)という。[松原 茂]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 書画で、画仙紙を縦に半分にした半切(はんせつ)を軸物にしたもの。→堂幅

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android