コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

条幅 ジョウフク

大辞林 第三版の解説

じょうふく【条幅】

半切はんせつを軸物じくものとしたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

条幅
じょうふく

掛物(かけもの)(掛軸、掛字)の一種。中国の上質紙である宣紙(せんし)(書画の用に適し、日本でいう画仙紙もその一種。もと安徽(あんき)省宣城(せんじょう)県でつくられたためこの名がある)は、長さ約6尺、5尺、4尺(1尺は約30.3センチメートル)の3種があるが、全紙1枚の縦と横の寸法は、いずれもほぼ2対1の比率になっている。その全紙を縦に半切(はんせつ)し、掛物にしたもの。したがって、条幅の縦横の比率はほぼ4対1となる。これに対して、全紙をそのままの大きさで縦に用いた掛物を堂幅(どうふく)という。[松原 茂]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

条幅の関連キーワード日下部鳴鶴青山杉雨書の鑑賞伸銅品画仙紙連綿体堂幅半切松原掛軸掛物

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android