コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

半切/半折/半截 ハンセツ

5件 の用語解説(半切/半折/半截の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はん‐せつ【半切/半折/半×截】

[名](スル)
半分に切ること。半分に分けること。せっぱん。「土地を―して分ける」
(半折)唐紙・画仙紙などの全紙を縦半分に切ったもの。また、それにかかれた書画。
写真用印画紙の全紙を半分に切った大きさ。四つ切りの2倍。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

半切【はんきり】

半切紙の略。縦が短く横に長い和紙で,杉原紙を横に二つに切って継ぎ,書簡用の巻紙としたことに由来。主産地は静岡,鳥取,高知などの諸県。

半切【はんせつ】

唐紙画仙紙などの全紙を縦二つに切ったもの,またそれに書かれた書画。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

はんぎり【半切】

能装束の一種。袴の類。〈はんぎれ〉ともいう。形は大口(おおくち)に似て前に大きくひだがあり,後ろが平らで,左右に広がっている。白地,赤地,萌葱(もえぎ)地などの金襴に華やかな模様を織り出してあり,前後共布で仕立てる。法被(はつぴ)または袷狩衣(あわせかりぎぬ)のときに着け,《八島》《箙(えびら)》のシテなど戦陣の姿,《賀茂》《嵐山》《是界(ぜがい)》《野守》のシテなど荒神,鬼畜,天狗などの役に用いる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

半切
はんせつ

唐紙(とうし)や画牋(がせん)紙などの中国産の紙(全紙)を縦に半分に切ったもの。またそれに書かれた書画のこともいう。半切を軸物に仕立てたものは条幅(じょうふく)という。[町田誠之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

半切/半折/半截の関連キーワード唐織能装束襲装束装束の家装束の傘水衣脱ぎ下げ年切れ半切り半装束の数珠

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone