コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

条里集落 じょうりしゅうらく

大辞林 第三版の解説

じょうりしゅうらく【条里集落】

日本古代の計画的につくられた集落。道は碁盤目状に区画され、家屋は塊状に集まって耕地の中に散在する。近畿地方を中心に西日本に多く分布。 → 条里制

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

百科事典マイペディアの解説

条里集落【じょうりしゅうらく】

条里制と密接に関連して生まれた日本最古の計画集落。区画に制約されて発達し,形態は方形または長方形で,地図上では畦道(あぜみち),灌漑(かんがい)路,境界などが直交して現れる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

条里集落の関連キーワード牛津

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android