コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

条里集落 じょうりしゅうらく

大辞林 第三版の解説

じょうりしゅうらく【条里集落】

日本古代の計画的につくられた集落。道は碁盤目状に区画され、家屋は塊状に集まって耕地の中に散在する。近畿地方を中心に西日本に多く分布。 → 条里制

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

条里集落【じょうりしゅうらく】

条里制と密接に関連して生まれた日本最古の計画集落。区画に制約されて発達し,形態は方形または長方形で,地図上では畦道(あぜみち),灌漑(かんがい)路,境界などが直交して現れる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

条里集落の関連キーワード牛津

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android