コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

来栖壮兵衛 くるす そうべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

来栖壮兵衛 くるす-そうべえ

1855-1917 明治-大正時代の実業家。
安政2年3月生まれ。来栖三郎の父。横浜貿易商組合に属し,横浜港の改良を主張。明治24年横浜船渠(せんきょ)の創立にくわわり,32年専務。横浜市会議員,横浜商業会議所副会頭もつとめた。大正6年4月9日死去。63歳。常陸(ひたち)(茨城県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

来栖壮兵衛

没年:大正6.4.9(1917)
生年:安政2.3(1855)
明治大正期の実業家,政治家。水戸に生まれる。父に伴われて横浜に出,明治3(1870)年3月家督を継ぎ壮兵衛を襲名。22年横浜市会議員,同参事会員,翌23年第1回衆議院選挙に神奈川県第1区選挙立会人を務め,改進党幹部として手腕を振るい,島田三郎を支援した。24年横浜船渠会社の創立に参加し,川田竜吉(函館ドック再建者)を助け,のち同社専務となり中興の祖として活躍。36年横浜政財界の正義派代表として横浜商業会議所副会頭(会頭代行)として活躍し,横浜港湾設備の改善に尽力した。<参考文献>『神奈川県史別編人物』

(内田四方蔵)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

来栖壮兵衛の関連キーワード来栖三郎(1)大正時代