コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

来栖三郎 クルスサブロウ

百科事典マイペディアの解説

来栖三郎【くるすさぶろう】

外交官。横浜市出身。東京高商卒。1940年駐独大使として日独伊三国同盟に調印。1941年10月,特派大使として米国に派遣され,野村吉三郎駐米大使とともに太平洋戦争開戦まで対米交渉に当たった。
→関連項目真珠湾攻撃

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くるすさぶろう【来栖三郎】

1886‐1954(明治19‐昭和29)
明治昭和期の外交官。横浜商工会議所副会頭来栖荘兵衛の三男で横浜市生れ。1909年(明治42)東京高等商業学校(現,一橋大学)を卒業し,翌年外務省入省。中国,アメリカ,フィリピン,チリ,イタリア,ギリシアなどでの勤務を経て,28年(昭和3)ペルー公使,32年外務省通商局長,36年ベルギー大使,39年ドイツ大使となった。日米関係の改善と安定を第1と考え,日本の対独接近には批判的であったが,40年9月の日独伊三国同盟調印に際しては大使として署名した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

来栖三郎の関連キーワード太平洋戦争(日本)東条英機内閣中野 五郎来栖壮兵衛3月6日1月1日警察犬

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

来栖三郎の関連情報