コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東二条院 ひがしにじょういん

3件 の用語解説(東二条院の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東二条院
ひがしにじょういん

[生]貞永1(1232).京都
[没]嘉元2(1304).1.21. 京都
後深草天皇の皇后藤原公子。太政大臣西園寺実氏の娘。母は権大納言四条隆衡の娘准三宮貞子。康元1 (1256) 年女御 (にょうご) となり,同2年1月中宮。貴子内親王,れい子内親王を産んだ。正元1 (59) 年院号宣下により東二条院と称し,二条富小路第に移った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東二条院 ひがしにじょういん

1232-1304 鎌倉時代,後深草天皇の中宮(ちゅうぐう)。
貞永(じょうえい)元年生まれ。西園寺実氏(さねうじ)の次女。母は四条隆衡(たかひら)の娘。康元元年(1256)後嵯峨(ごさが)天皇の養女となり入内(じゅだい)。翌年中宮となり,貴子内親王,姈子(れいし)内親王(のち遊義門院)を生む。正元(しょうげん)元年院号をうける。嘉元(かげん)2年1月21日死去。73歳。名は公子(こうし)。法名は円鏡智(えんきょうち)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

東二条院

没年:嘉元2.1.21(1304.2.27)
生年:貞永1(1232)
鎌倉中期の女院。後深草天皇の皇后。遊義門院,貴子内親王の母。太政大臣西園寺実氏の次女。名は公子。康元1(1256)年後嵯峨上皇の猶子となって入内し,翌年中宮となる。夫の後深草は甥で11歳年下であった。正元1(1259)年院号宣下。『とはずがたり』に後深草の妾二条に対して嫉妬したことがみえる。

(秋山喜代子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東二条院の関連キーワード後深草天皇西園寺実氏弁内侍日記俊英百錬抄今林准后後深草院少将内侍大納言典侍近子藤原成子(3)弁内侍(1)